絵。


何回、打ち砕かれてきただろう。


実は誰にも話してなかったけど…


表参道の大学のアリーナの壁画の仕事や…


業界最大手級の〇〇重工のイノベーションセンターのオープニングイベントの仕事…


流れた事もある。




前澤友作氏のコンペでファイナリスト5人に選出された時もあった。


第一回のそのコンペは該当者なしで大学教授や美術館館長達の辛辣な批評と共に発表になった。


全く的外れなのでこのブログで反論したこともあった。


完全に論破であった。


5人は申し分なかった。


一人は次の年、TOYOTAの大きな賞を獲った。


自分も美術新人賞で準グランプリを獲った。


サイズ半分で応募した為、実質は…と言った評価であった。