人生は時間と共にある。


三大欲求を考えてみても、欠乏と充足の波型の線を描いている。


生きている以上、波がいくつも重なる。


幸せとは和音と例えられるし、不幸は不協和音と例えるとわかりやすいかもしれない。




波は何故できるのか、と考えると。


例えば白い丸と黒い丸が同じ大きさであったとしたら無論、直径は同じ。


しかし、視覚には錯覚がある。


白は光を反射する為、僅かながら大きく見える錯覚。


暖色と寒色は膨張色と減退色。


これも錯覚。


しかし知覚としては確かな事。




実際のところ等価ではあっても、その錯視によって差が生まれる。


天秤は傾かないけど、見え方が違う。


この『錯覚の不均衡』が波を作る。


つまり生命は波であってプラスもマイナスもあるけど。


自然の法則なので肯定できる。


フィボナッチ数列と同じで。


理由があるのだ。




だから私は幸も不幸も勿論あるけど、ひっくるめて生きる事は肯定できると思う。


これは良い悪いを超えて生きる意味として存在してくれる事で。


人間を信じる事や安心感になってくれたらいいなぁと思う。


これがblank and existenceの大意。




あと、もうひとつ。


『ゲーム理論』という研究があって。


スポーツやゲームなどで『オフェンスとディフェンスでどっちか勝率が高いか』


みたいな研究があったのですが…




不思議な事に最初にディフェンスをした方が勝率が高い。


人は最初に攻撃とかを仕掛けない方が最終的には良い結果になる。


人間関係に於いても当てはまる気がしてる。




友好的であるのがベストではあるけど…


優しく人に接したりする事は自分の為にもなると思う。


生きるコツがあるとすれば、ひとつ考慮すべきかも知れない。


そんな事を最近考えています。



#BlankAndExirtence















Blank and Existence