文化財修復の仕事って何だろう?


って考えると…少し面白い。




昔の人の記し描いた、著や書や絵画達は…


保存環境などで傷んでいる。


色が剥がれたり、褪せたり、穴が空いたり。


傷ついた患者。


それを修復する仕事。




しかし『まっさらな状態』というのがゴールではなくて。


経年の風格を残しつつ、『見やすくする』というのが最終的な狙い所。


つまり作品に込められた過去の意志を最大限に伝える為の狙い所は…


過去の『点』と現在までの『線』


このせめぎ合い。


バトンをパスする術。




パスした先の未来に何を伝えるのか…


と考えると。


ismとか粋とかバイブスとか愛?とか。


だいぶ抽象的だけど。


プラスの性質の何かが未来へ向かって流れているので。


宇宙の法則みたいなものは。


プラスが少し勝っていると言えるのではないかと思う。


個人的な見解。




#BlankAndExistence


#難しい話

















Blank and Existence