糊を炊く




古美術修復の仕事。


書いてなかったのでちょっと書いてみようかな。


何というか…


千と千尋の千みたいな気分…


慌ただしく沢山の新しい事を日々教わっています。


大変だけど楽しいかな。




今日は初めて糊を釜で炊いた。


純水2ℓに生沈(デンプン)700gを溶かし


焦がさない様に棒で混ぜながら15分程加熱する。


白から透明になっていく。




糊はどうやら大きく3種類ある様だ。


今回炊いた『沈糊』


10年程寝かせた『古糊』


海藻由来の『布糊』


それぞれ粘着性が違い用途によって使い分ける。


その糊も作品の材質や損傷度に応じて水で薄めて調整したり…




まさに職人の世界だな〜って感じですね。。







Blank and Existence